とことんネコブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック!
ランキングに参加しています。 1日1クリック応援お願いします!
とことんネコブログスポンサーサイトを紹介しています。

糖尿病


体を構成する細胞に必要な糖分(ブドウ糖)が細胞内に取り込めなくなる病気です。

そうなると血液中の糖分が高くなり、多飲多尿などの症状を引き起こします。

猫の糖尿病は、肥満・ストレス・運動不足などの生活習慣が原因で発症するケースが多くみられます。

猫が糖尿病になると、水をたくさん飲み、尿の量も増えるようになります。

また、食事を多く取るのに、体重が落ちるといった症状もみられます。

症状が進むと、元気がなく、嘔吐や脱水を起こしたりします。

さらに黄疸(おうだん)がみられることもあります。

また糖尿病は、膀胱炎や腎不全、脂肪肝などの病気を併発することもあります。

糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの分泌量が低下したり、体のインスリンに対する反応が悪くなったりすることで、糖分の代謝に障害が起こり血液中の糖分(血糖値)が異常に高くなって発症します。

糖分だけでなく脂肪やたんぱく質の代謝にも障害を起こすため、膀胱炎や脂肪肝などの病気も併発することがあります。

原因はさまざまで、肥満やストレス、膵炎(膵臓炎)や感染症などほかの病気などが挙げられます。

また、遺伝的な要因も考えられています。

猫の糖尿病は、インスリンによる治療が必要な「インスリン非依存型糖尿病」と、食事療法などで治療する「インスリン依存型糖尿病」に分かれます。

「インスリン非依存型糖尿病」の場合、インスリンを毎日投与して治療します。

「インスリン依存型糖尿病」の場合、食事療法のほか、投薬による治療をおこないます。

食事療法は獣医師とよく相談して進めましょう。

また、糖尿病のほかに病気を併発している場合は、その病気の治療もおこないます。

ストレスが考えられる場合は、ストレスの原因を特定し、その解消に努めましょう。

糖尿病は、日頃からストレスや肥満を防ぐことが一番の予防になります。

猫にとってストレスにならないような環境を整え、適度な運動と適切な食事管理をおこないます。

また、動物病院で定期的な健康診断を受けて、早期発見・早期治療に心がけましょう。

不妊・去勢手術後は、太りやすくなります。

与えるフードの量と質をよく考え、肥満を予防すれば、糖尿病だけでなく、膀胱炎や尿道づまり(猫下部尿路疾患:FLUTD(猫泌尿器症候群:FUS、尿石症))などの予防にもつながります。




人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック!
ランキングに参加しています。 1日1クリック応援お願いします!
とことんネコブログ糖尿病 を紹介しています。

コメントの投稿

Secret

猫も・・・

猫ちゃんは自分から「調子が悪い」とは言えませんから、飼い主がしっかりと気を配る必要がありますね。
糖尿病は人にとっても猫にとっても恐ろしい病気。
私は体質的に糖尿病になる可能性が高いので、要注意です。
お知らせ
とことんネコブログでは、皆様からのネコちゃん画像の投稿を募集しています。
写真を1枚添付してご投稿ください
撮影者名前orニックネーム
ネコちゃんの名前
写真タイトル
コメント50字以内
momoko1bansuki☆live.jpまで。
☆を@に変えて下さい。

とことんネコブログでは、他のサイト様のブログ&ネコちゃん画像を紹介させて頂いています。
うちのブログを使ってもいいよ~っと思って下さった管理人様は、コメント欄よりご一報下さい。
よろしくお願いします。
ネコカラ動画
おもしろ、かわいい動画
我が家のネコちゃん
ネコ画像
ノラネコピッピ(物語)
猫との生活
猫の病気
全国動物病院
皆様からの情報登録受け付けております。
コメント欄よりお願いします。
  • 全国の動物病院(住所・電話番号)
  • 最新コメント
    最新トラックバック
    検索フォーム
    最新記事
    里親募集
    懸賞・プレゼント・アンケート
    日用品
    美容
    便利グッズ紹介
    スポンサードリンク
    リンク
    相互リンク募集中です
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    とことんネコブログ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。